るんるんOLが全力で資産形成

情報弱者だったOLが楽しく懸命に資産形成!お金を増やすために必要なことを基本から全力で投稿します!

経済ショックのサイクルを知りショックに備えた準備をしよう

 

投資をしているといつの時代も経済ショックと呼ばれる暴落は定期的にやってきます。本日はこの経済ショックのサイクルや備えなどについてお話しいたします。

 

 

梅茶漬けちゃんは最近投資を始めたよね。経済ショックと言われる暴落って知っている?

 

 

知っているよ!こないだのコロナショックもそうだよね。

 

 

そうだね。何かしらの要因で経済にダメージを受けることが予想され市場が暴落してしまうことだけど定期的にやってくるんだよ。

 

経済ショックとは

経済におけるショックとは、急激な株価下落・市場縮小・物価高騰など、社会に大規模な混乱が生じる現象及び、経済活動が急速に弱まる現象を指す。 また、そこから派生して、物事のシステムや政治の混乱を示す際にも使われる。 危機的な状況に関してはクライシスが用いられる(日本においてはショックが優先される)

Wikipediaり引用

経済ショックのサイクル

1987年 ブラックマンデー 

1991年 バブル経済崩壊

1994年 メキシコ通貨危機

1997年 アジア通貨危機

2001年 IT危機

2006年 ライブドアショック

2007年 サブプライムショック

2008年 リーマンショック

2010年 ギリシャショック

2015年 チャイナショック

2018年 米中貿易摩擦

2020年 コロナショック

 

こうみると結構経済ショックって多いんだね。こわくなってきたなぁ

そうだね大きな経済ショックは10年に1~2度くらいはあると思っていた方が良いかものね。でもこれを乗り越えて世界経済は成長を続けてきているんだよ。

 

 

ショックに備えた準備をしよう

ショックに備えた投資というと債券や金に分散投資をして暴落による資産の減少をやわらげるというのが一般的ですが、暴落の時はどの商品も一斉に下落する傾向にあります。

そのため難しいテクニックになりますが現金を多く持ち、より利益を狙える個別株などの株式のみで積極的運用をするという方法もあります

例えば1000万円現金があるとし下記のように資産運用します

現金750万円

株式250万円 

想定リターン 10~20%

通常のリターン +2.5~5%

経済ショッククラスの大暴落 -12.5%

この場合例え最悪全額失っても-250万円ですが全体の資産の-12.5%ですむことになります。個別株かインデックスへ投資するかによりますが、いくつかの企業に分散投資すれば投資した額全額失う可能性は少ないため積極的に運用することもできます。

 

いろいろな備えの方法があるんだね!安全資産を多く持っておくことでショックによる資産全体の減少を少なくすることもできるね。

 

そうだね。債券や金に投資しておくことで多少は資産の減少はゆるやかになるけど結局は下がるからね。私の場合は現在 現金470万円株式1200万円下記のように超積極的運用にしているよ。市場が暴落した時に一時的な資産の減少は許容しながら、この470万円から追加投資することで将来のリターンを狙います。でも値動きが激しいから初心者の人には向かないかな。。

 

なるほど債券や金のことも勉強して自分に合った備えを考えてみるにゃ!

まとめ

現在コロナやウクライナの戦争による影響で物価高騰が続いており経済ショックが起こる可能性は高まってきています。梅茶漬けちゃんが言ったように備えの方法を勉強をして自分に合った投資方法を考える必要があります。暴落が来た時投資を続けることができるようにしっかり備えをしておきましょう。